通信制高校はどう選べばいい?通信制高校を選ぶ基準

先を見据えた通信制高校選び

通信制高校は、さまざまな理由によって高校卒業資格を得られなかった人が、自宅学習とスクーリングで単位を取得することによって、高校卒業資格を得られるのが最大のメリットです。ただ通信制高校もさまざまで高校卒業資格を得る目的だけではなく、その先を見据えたコースが用意されている高校もあります。たとえば、大学進学コースや美容コース、芸能コースなどがあります。そのため、高校卒業資格を得た後のことも考えている方は、通信制高校で学べる内容をしっかり確認して自分に最適の高校を選ぶといいでしょう。

自分に合わせたスクーリング形式と通学範囲

通信制高校を卒業するためには、スクーリングと呼ばれる面接指導を学校で受ける必要があります。スクーリングは月に2回行っているところや、年に1度集中的に行っているところなどさまざまなので、自分に合ったスクーリング形式の高校を選ぶことが必要です。スクーリングに出席する場合には実際に学校まで出向くことになります。そのため、通信制だからといって自宅から遠すぎる学校を選ぶと、後になって大変に感じてしまうこともあるので、自宅との距離もよく考えて学校を選ぶ必要があります。

サポート体制は整っているか

通信制高校では自宅でのレポート制作やスクーリングによって、基本的には74単位を取得することで最短3年間で卒業できます。レポート提出期限などは基本的には決まっていないため、自分で計画的に学習していかなければなりません。しかし、なかには自主的に学習するのが苦手な方もいるでしょう。そんな方にはサポートが必要になると思いますが、高校によってサポート体制はさまざまなので、よりサポートが充実している高校を選ぶ必要があります。

通信制高校を埼玉でお探しならば、受け入れの高校が多いメリットがあります。各校とも、週五日の登校ではなく、自分のペースに合わせて登校日が調整可能なので、無理なく登校し卒業できます。