自分に合ってる?通信制高校のメリット・デメリットとは

マイペースに通学できる

定時制高校と比較して、通信制高校はかなり自由度が高く、定時制高校が合わなかった学生でも通いやすくなっています。スクーリング日数も通信制高校なら月に数回で済むこともありますし、それ以外の時間はアルバイトに充てることもできます。しばらく定時制高校に通えておらず、いきなり平日学校に通いっぱなしというのは厳しい、という方にも向いているでしょう。課題が提出される場合もありますが、大抵は事前に配布されたレポートを完成させた後提出する方法なので、自分の時間をそこまで奪われるわけではありません。

学校側の対応力が高い

より様々な生徒に対応できるよう、カウンセラーを用意している学校も珍しくありません。不登校からいきなり通学を始めるのは不安も大きくなりますし、学校側がきちんと対策を用意してくれるのは嬉しい点ではないでしょうか。勉強方法に関しても、インターネットを使ってサポートしている通信制高校もあり、自分なりのペースで勉強に集中できるため進学も可能です。

勉強はある程度自力で進める必要がある

より多くの生徒に対応できるよう、本格的に学業に力を入れている通信制高校はそう多くありません。もちろん進学へのサポートを行ったり、スクーリング中質問すれば答えてくれますが、定時制高校よりどうしても細かい部分での対応力は落ちてしまうでしょう。自宅でどんどん勉強を進められる生徒にはあまり関係ありませんが、誰かに教えてもらわないと分からない部分が多い場合は通信制高校だけでなく塾へ通うことも考慮する必要があるのです。

通信制高校を名古屋にするなら、三重県が本校の通信制があります。オルタナティブスクールコースなどの多彩なコースがあり、自分らしく過ごせます。名古屋にサテライト教室もあるので安心です。